ウェブセミナー『東南アジアにおける戦略再考』開催のご案内

コロナ危機で多くの企業が戦略の練り直しと新たな事業開発に迫られていますが、東南アジアにおける販売戦略も見直すきっかけともなっています。このウェブセミナーでは東南アジア6か国を拠点に1,000社を超える企業の市場参入を支援した実績をもつオリッサ社のサラス・メノン社長が戦略の立案・修正の参考として頂くために様々な市場参入・拡販事例をもとに下記のポイントについてお話します。
・エンドユーザーの見直し
・販路の拡大/多様化
・現地取引先の販売実績評価
・積極的に販売しない取引先への対応
・成功した企業が市場参入前にしていること

日時: 2020年5月22日(金) 15:30-17:00
* 参加無料、逐次通訳付き

ネット環境がある場所でPC、スマホ、タブレットを使って参加頂けます。ご希望の方は下記フォームからお申込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/387bf001194687
参加方法はお申込み頂いた方に開始前にご連絡します。

ご不明な点がありましたら tvc@japanbusinessportal.com までお問い合わせください。

<オリッサ社について>
シンガポールの本社に加え、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピンに拠点をもち、1997年の設立以来、市場参入を目指す1,000社を超える外国企業に戦略立案、顧客/取引先の発掘、参入済みの企業に事業拡大の支援を行ってきました。その実績が評価され、アメリカ、スイス、イギリス、フィンランドの経済開発機関からそれぞれの国の企業のビジネスマッチングを含む市場開拓支援を委託されています。

関連記事

新規案件

ページ上部へ戻る