デマンドレスポンス分野の世界的なリーディング企業アイルランド・グリッドビヨンド社主催「蓄電池の併設による価値の創造」ウェビナー開催のお知らせ

アイルランドの電力テクノロジー企業グリッドビヨンド社 ( https://gridbeyond.com/ ) が来る2022年12月14日に「蓄電池の併設による価値の創造」と題したウェビナーを開催します。

日時:2022年12月14日(水) 4:00pm-5:00pm
形式:Zoom ウェビナー(日英同時通訳付き、参加無料)
主催:アイルランド・グリッドビヨンド社
協力:アイルランド政府商務庁

昨今の蓄電池技術の発展と再生可能エネルギーへのインセンティブの低下により、蓄電池と太陽光および風力発電設備の併設が注目されています。蓄電池と太陽光および風力発電設備を併設することで、送電網の潜在価値を生み出し、投資家にとって魅力的な多様化を実現することができます。しかし、蓄電池の併設は容易なことではありません。同じ電力系統に接続しているものの、併設された蓄電池の効果を最大限に発揮できるよう、独立して最適化する必要があります。

今回のウェビナーでは、デミアン・コール在日アイルランド大使が参加者をお迎えし、西村陽大阪大学大学院招聘教授より「日本におけるデマンドレスポンスと分散型エネルギーリソース活用の最新情勢」と題したご講演をいただいた後、グリッドビヨンド社のアセット デベロップメント ディレクターのクリス・スミス氏とコマーシャル マネージャーの天内俊介氏が、以下についてご説明します:
・蓄電池と太陽光発電の併設のメリット
・最適化による太陽光発電設備のポテンシャルを最大限に引き出す方法
・蓄電池のポテンシャルを最大限に引き出すための市場予測の重要性
・蓄電池の最適化における収益の積み重ね、ディスパッチ、オークション戦略の重要性

<ご挨拶>
デミアン・コール 駐日アイルランド大使
1966年12月生まれ。アイルランド国立大学コーク校 文学士号取得 (歴史、英語)。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院修士号(グローバル外交)取得。 1995年にアイルランド外務省に入省。政治局中東課に籍をおいたのち、在ロシア連邦・在エジプト・在ベトナムアイルランド大使館などに駐在。2017年から本国外務省政策企画部長や中東・北アフリカ部長などを経て、駐日アイルランド大使に就任。

<講演者略歴>
西村陽 大阪大学大学院招聘教授
1961年富山県生まれ。1984年一橋大学経済学部卒業。関西電力で戦略、電力市場改革を担当。公益事業学会理事・政策研究会幹事、国際公共経済学会理事。専門はビジネスイノベーション、電力市場、環境経済学等。1999~2001年学習院大学特別客員教授。2006~2008年大阪大学ビジネスエンジニアリング専攻招聘教授。2013年資源エネルギー庁ネガワットWG委員、2016年~ERAB検討会委員。2022年次世代の分散型電力システムに関する検討会委員。現在早稲田大学先進グリッド研究所招聘研究員と兼職。

クリス・スミス グリッドビヨンド社アセット デベロップメント ディレクター
スミス氏は、1996年にエネルギー業界でのキャリアをスタートしました。以来、スタートアップ企業から大手企業まで、様々な成長段階にある企業に数多く携わってきました。主に、再生可能エネルギー発電設備からの電力の購入において、事業や市場シェアの拡大に関する支援を行っています。近年は、再生可能エネルギーや「電力購入契約」、蓄電池の最適化に重点を置いています。

天内俊介 コマーシャルマネージャー(日本担当)
早稲田大学法学部卒業。2017年以降電力関連の業務に携わる。米系電力小売り Ambit Energy 社で、日本法人の立ち上げおよび規制関連業務を担当したのち、2018-2020年には米系小売り Genie Energy 社や インド系コンサルティング会社 Tata Consultancy Services、オランダ系 Sympower 等において、長年の国際金融業務でのキャリアを通じて培ったスキルと経験を最大限に活かしたプロジェクト案件に従事、具体的には需要家ポートフォリオ取引案件やスマートエネルギービジネスモデル関連コンサルティング等の業務で成功を収めた。金融関連のキャリアとしては、チェースマンハッタン銀行(現JPモルガンチェース)他の複数の著名国際金融機関にて、東京と香港を拠点としてアジア域内の法人顧客向けセールス・マーケティング業務で要職を歴任。

ウェビナー参加希望の方は、下記のURLからお申し込みください。
https://form.run/@ban-1667642792

<グリッドビヨンド社概要>
グリッドビヨンド(GridBeyond®) は2007年にアイルランドで創業した、デマンドレスポンス、VPP(仮想発電所)などの電力分野に特化したエネルギーIT企業です。発電量の予測が出来ない再生可能エネルギーの利用が増えるに従い、工場や施設の生産設備や蓄電池を制御して需給バランスの安定化に貢献する、デマンドレスポンスが注目されています。デマンドレスポンスに参加する事で、系統からの収益*が得られるだけでなく、電力料金のピーク回避やエネルギー消費の節約を始めとした戦略的エネルギー管理、機器のエネルギーパフォーマンスの可視化が実現できます。デマンドレスポンス分野の世界的なリーディング企業であるグリッドビヨンドは、2018年には再エネ利用の多い英国・アイルランド市場でFFR(周波数自動調整)サービス提供のトップ企業となり、2019年には米国に進出、テキサス州のISO(独立系統運用期間)であるERCOTにサービス提供を開始しました。現在では、世界450カ所以上のサイトで導入され、ネットゼロの未来に向け、企業が直面する様々な脱炭素の課題に取り組むためのインテリジェントな “エネルギー・アズ・ア・サービス”を提供しています。
*電力事業者に、貴社工場や施設の設備機器から「調整力」という価値を引き出し売却、収益を分配するビジネスモデルです。

関連記事

ページ上部へ戻る